オンラインバカラを安心安全にプレイ

  1. カジノニュース
  2. 15 view

ギャンブル依存の議論っておかしくない?週3回は立派なギャンブル依存だとさ

※赤字は、この転載文章に関して、おかしいと個人的に感じる部分に関してのコメントと指摘です

「カジノへの入場は、7日間に3回、28日で10回まで。入場料金は6000円」――。これは、果たしてギャンブル依存症に対する歯止めになるのだろうか……?

かねてより与野党で議論されていた、カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案。その与党協議が、このたび一応の決着を見た。自民党と公明党の間で話し合われていた入場回数の制限と入場料金が、上記の案に固まったのだ。

「7日間で3回というのは、週の半分に満たないペースなので、非日常性を維持できる」というのが政府の説明だ。しかし、週のうち3回もカジノに行っているというのは、立派なギャンブル依存症ではないだろうか?

入場料金も政府が最初に示した2000円からさらに引き上げて6000円とし、入場への歯止めとするとしているが、果たしてそうか? 元手をかければそれを回収しないと気が済まないのが、ギャンブル依存症の特徴。→ギャンブルだけではない。それを特徴と言うなら全てが依存症になる。まあ国際的な診断基準で言えばそうかもねという事になるが・・・

6000円分だけは取り返そうと、ずるずるカジノに居座っているうちに、巨額の負けを作ってしまう……。そんな人が大量に出現するような気がしてならない。

ギャンブル依存症は、精神疾患の国際的な診断基準「DSM-5」にも「ギャンブル障害」として記載された、れっきとした精神疾患である。その診断項目は、次のとおりだ。参考までにみてみよう。

「週3回入場」の制限は無意味!?

次の診断項目のうち、4つかそれ以上が該当すれば、ギャンブル障害だと診断される。

①興奮を得たいために掛け金の額を増やして賭博をする要求。

②賭博をするのを中断したり、または中止したりすると落ち着かなくなる、または苛立つ。

③賭博をするのを制限する、減らす、または中止するなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある。

④しばしば賭博に心を奪われている。

⑤苦痛の気分のときに賭博をすることが多い。

⑥賭博で金をすった後、別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い。

⑦賭博へののめり込みを隠すために嘘をつく。

⑧賭博のために、重要な人間関係・仕事・教育・職業上の機会を危険にさらしたり、失ったことがある。

⑨賭博によって引き起こされた絶望的な経済状況を免れるために、他人に金を出してくれるよう頼む。

このうち、6番目の「賭博で金をすった後、別の日に取り戻しに帰って来る」について考えれば、「週のうち3回入場できる」という制限は、十分にそれを可能にできるだけの、意味の希薄な制限であることがわかるだろう。

そもそも日本は、あらゆる街に「パチンコ店」というギャンブル施設がある、世界でも珍しい国である。カジノによって喚起されたギャンブルへの欲求を紛らわすために、カジノに行けない日はパチンコ屋に行くようになることだって十分に考えられる。

ギャンブル依存の日本人は320万人

厚生労働省が2017年にギャンブル依存症の実態を把握するために実施した調査によれば、日本人が生涯でギャンブル依存症の疑いがある状態になったことのある人は3.6%。これを日本の人口にあてはめると、約320万人がギャンブル依存症の疑いがある計算になる。3.6%というのは、諸外国と比べても格段に高い数字だ。

政府は「カジノを含む統合型リゾートは、海外の訪問客を呼び込むための施設だ」としている。しかし、日本人も入場できる以上、ギャンブル依存の日本人にとっていい結果を生まないのは明らか。→なぜこの論者が断定をしているのか意味が分からない。いい結果は何か?この理屈で言うならパチンコの事を出していたのであるから入場制限のないパチンコ施設などの風営法関連を指摘をするべきでしょう。

お洒落なイメージのカジノを、物珍しさから一度体験しようと入場して、ギャンブル依存症の泥沼にはまる人が大勢出る可能性は極めて高いのだ。→何かを楽しいとか、それに熱中をすると言う事自体を全て否定をしたいという理屈が通る事になる。しかも、なぜ、この人がその可能性が極めて高いと断定をしているのか根拠が希薄過ぎる

現在、カジノを含む「統合型リゾート」の誘致に対しては、次の都市が意欲を示している。

北海道の新千歳空港近郊(千歳市)、同じく北海道のルスツリゾート(虻田郡留寿都村)と阿寒湖温泉地区(釧路市)、和歌山県の和歌山マリーナシティ(和歌山市)、大阪湾の人口島である夢洲(大阪府大阪市此花区)、長崎県のハウステンボス(佐世保市)などである。

だが、これらの観光地の周辺にも多くの地域住民が住んでいることは言うまでもない。目先の経済効果に目を奪われて、住民の人生を台無しにすることがないよう、これらの自治体の議員や関係者は、いま一度再考するべきではなかろうか。
(文=編集部)

転載元:http://news.livedoor.com/article/detail/14568619/

いつも、感じますが、ギャンブル依存症の文章ってロクな書き方がされないですね。本当にいつもそうなのですがね。

で、結局のところ、この文章の帰結的に言えば、「カジノを作るな」と言いたいだけで、特段の議論の余地も何もないってのがいつもの事です。

またギャンブル依存症がどうのと言いますが、週3回は立派なギャンブル依存症などと言っているが、そもそも依存症なんてものは、何でも一緒なわけですよ。上記の依存症に当てはまるかの箇条書きの項目の「賭博」という言葉を他の物事に入れ替えてみて下さい。例えば分かりやすく「薬物」に入れ替えて下さい。

じゃあ、オーバードーズの問題は?恋愛依存症は?読書だって依存症の対象になり得るし、何もかもがやり過ぎれば社会的生活に絶対的に影響を与えるような事態は招くわけです。

ギャンブル依存症の問題とか、また煙草などの文章は、何か社会的な問題を文章として書いていれば自分が頭が良くなったと勘違いが出来るという事、それを訴えているというだけで悦になれるというようなことが背後にありますよね。

あまり、このような感じには陥らないようにしないといけないと思うわけです。結局問題は他人のせい、政府の責任と、なすりつける事を延々と繰り返しているだけで、本当に性質が良くない人々が社会問題議論には多すぎますね。

当サイト おすすめ関連記事

カジノニュースの最近記事

  1. 【重要】ecopayzのプリカのecoカードが2018年08月06日 利用停止

  2. 7月20日に成立をしたカジノ法案が意味するもの

  3. 【注目】カジノ法成立で2023年にも初の合法カジノ開業

  4. 【お知らせ】ベラジョンがようやくハイローラーに本気!出金上限無制限になりました!

  5. 【重要】ecopayzのecoカードが2018年08月06日に停止

関連記事

online baccarat hub

掲載オンラインカジノ

パイザカジノ

ワンダーカジノ

ビットカジノラッキーニッキーカジノ

エンパイア777

クイーンカジノ

チェリーカジノ