オンラインバカラを安心安全にプレイ

  1. オンラインカジノ業界
  2. 19 view

オンラインカジノ業界と日本国内の法律(2018年4月3日時点)

オンラインカジノが気になっている方々に最も関心が高いトピックが「オンラインカジノは日本国内で法律的に言ってプレイをしても問題ないのか?」という事でしょう。

この点について簡潔に言えば、日本法によってオンラインカジノをプレイをするという事に関して規制をする刑法上の法律はありません。

一件賭博法と関わるようなものかと思われていますが、賭博法の構成要件と単純にオンラインカジノをプレイをするプレイヤーに関する規制は同様のものではありません。

そもそも、賭博法が予定をしているのは日本国内で行われる賭博開帳をする人々を規制をするものであって、そもそもオンラインカジノが合法的な国々で各国政府のオンラインカジノ運営ライセンスを取得をしたオンラインカジノ業者に対象を広げる事が出来るものではないです。

オンラインカジノは各国政府のオンラインカジノ運営ライセンスを取得をしており、その国の中でサーバーを動かしている状態であって、そのオンラインカジノサイトを運営をする企業というのは厳密に言って賭博が禁止されている日本国内に物理的に入ってきて違法営業をしているわけではありません。

日本国内に住む人々が単純に技術の進歩によって国外のインターネットサーバーにアクセスをしてバカラ、ブラックジャック、ルーレット、オンラインスロットなどをプレイをしているに過ぎないので、それが賭博法の適用を受けるという事自体は刑法の重要な基本原則である「類推解釈の禁止」「拡大解釈の禁止」に当たる行為であるという事が刑法理論上は普通ではないでしょうか。

つまり、単純に言えば現在オンラインカジノをプレイをする事を持って、オンラインカジノをプレイをしているプレイヤーが賭博法に抵触をするという解釈をするという事は困難です。あたかも賭博法に抵触をするというような言い方をしている自称専門家などもいるようですが、そもそもの刑法理論の最重要基本原則に於ける、「類推解釈の禁止」「拡大解釈の禁止」という規定がある以上、賭博法が禁止する類型と似ているからと言って「類推解釈の禁止」の規定がある以上は、オンラインカジノのプレイヤーを賭博法で考える事はそもそも出来ないとなるのではないでしょうか。

法律の専門家である弁護士でも意見が割れるのがオンラインカジノの取り扱いの法理論

法律の専門家である弁護士でも意見が割れるのがオンラインカジノの取り扱いに関しての法理論です。

知ったかぶりで語る自称オンラインカジノ専門家や、野次馬的なオンラインカジノ違法論者にありがちなのが、「弁護士に効いてみたら違法だと言っていた」「オンラインカジノの事を警察に聞いたら、現行犯逮捕が出来ると言っていた」だから故にオンラインカジノは違法だという人までいる始末です。

全く法律というものを分っていないのではないでしょうか。

弁護士で意見が割れるという事以前に、弁護士が法律を規定をしているわけでありません。あくまでも、弁護士が言っているのは主張であって、現在のところオンラインカジノに関して規定がないので理屈も何もないのではないでしょうか。

弁護士でも「オンラインカジノのプレイは法理論としては問題ない」という人と、語気荒く「オンラインカジノは違法である」という主張をする人が別れます。

なので、何が言いたいかというとオンラインカジノが違法である、違法でないという事は、現段階では規定されていないという事で、あくまでも、全て事柄は推測の領域を出ないという事です。

しかし、間違いない事は違法評価、適法評価という意味合いではなく、「オンラインカジノを規制をする刑法上の規制はない」「賭博はそもそもオンラインカジノを予定をしていない」という事ではないでしょうか。

現在のところオンラインカジノのプレイは問題ないと言える頼れる事例として(2018年4月3日時点)

現在のところオンラインカジノのプレイは問題ないと言える頼れる事例として上げられるのは、オンラインカジノをプレイをしていたプレイヤー3人を京都府警が逮捕をしたという事例に関して、その中の一人は不服だとして、裁判で闘い、「不起訴」を勝ち取った事です。

このときにプレイヤー側を担当をした弁護士が賭博法専門の弁護士である津田岳宏先生です。津田先生にご活躍により、オンラインカジノのプレイヤー側、またオンラインカジノを適用に運営をしているオンラインカジノ運営企業、オンラインカジノ業界の全てが、この不起訴を勝ち取ったという事を喜びました。

津田先生のオンラインカジノのプレイヤー不起訴の件に関してのご本人のブログ記事→こちら

つまり、現在の日本国内唯一の事例であり、判例としてあるのは、合法的に運営をされているオンラインカジノサイトに日本国内からアクセスをして、それをプレイをする事によってプレイヤーが違法評価を受けるという事はないという解釈をするべき判例が出来たという事ではないでしょうか。

オンラインカジノは決してアングラなものではありません

オンラインカジノは最高のエンターテイメントと評しても良いほどに素晴らしものですが、しかしながら、現在的にやはり日本の国内法を見ていくと、まだはっきりとしていない部分があります。

しかし、ここで完全に知って頂きたいというのは、オンラインカジノ業界というものは存在をしており、しかも株式上場企業も多く、スポーツチームへのスポンサー活動、災害の義援金を送ったりと社会的な活動をしているという事実です。

また、オンラインカジノを運営をしている企業、ゲームを開発をしているゲーミングプロバイダーなどの関連業者は全くアングラな存在ではないという事実を単純に認識をして頂きたいのです。

オンラインカジノに登録をしてプレイする事に関する事は各自の自己責任です

オンラインカジノに登録をしてプレイをする事に関する事は全て自己責任であるという事を忘れないでください。オンラインカジノ事、オンラインカジノ業界の事を詳細に正しく理解をして頂きたいという思いから、このサイトで情報発信をしているのですが、プレイを推奨をしているわけではありません。

オンラインカジノに関する情報を淡々と、情報提供をしているだけです。

ただ、事実としてオンラインカジノの存在と情報として掲載をしています。

オンラインカジノへの登録プレイに関しては各自の自己責任の元に行われ、権利義務関係などは、あなたが直接プレイをしているオンラインカジノサイトとの問題になります。その事は絶対的に認識をして自己責任を忘れないでください。

その上で、当サイトで紹介をしているオンラインカジノサイトの情報を見て、あなたのニーズにあったオンラインカジノをサイトを発見をした際には、それをプレイをしてみるという事をして下さいませ。

オンラインカジノ業界の最近記事

  1. オンラインカジノ業界も注目する仮想通貨での入金出金

  2. オンラインカジノ業界と日本国内の法律(2018年4月3日時点)

  3. オンラインカジノ業界(iGaming業界)

online baccarat hub

掲載オンラインカジノ

パイザカジノ

ワンダーカジノ

ビットカジノラッキーニッキーカジノ

エンパイア777

クイーンカジノ

チェリーカジノ